一般社団法人ウィルチェアスリートクラブ ソシオ SOEJIMA

一般社団法人ウィルチェアアスリートクラブ ソシオ SOEJIMAは、
車いす陸上競技に特化した障害者スポーツのクラブチームです。

お知らせ

第29回 日本パラ陸上競技選手権大会 結果報告 2018/9/7(金)

◆ 日本パラ陸上競技選手権大会 
【日  時】2018年9月1日(土)〜2日(日)
【場  所】香川県・高松市 屋島レクザムフィールド

【結果・コメント】

・副島正純 
5000m 決勝 2位 10分54秒41  
1500m 予選 1組目 2位 3分08秒54
     決勝 5位 3分10秒60

今大会は、身体の動き・反応は良くなってきましたが、ラスト300mは伸びきれず、スプリント力の無さを痛感しました。 今年のトラックの大会は、これで終わりですが、トラック練習は続けていきます。次は、11月のNYシティマラソンへ向け、持久力も強化していきます。

・百武強士 
100m 予選 2組目 2位 15秒66 
    決勝 4位 16秒05 
200m 予選 2組目 2位 28秒50 
    決勝 3位 27秒28
400m 予選 2組目 3位 51秒73 
    決勝 5位 50秒41 

100mでは、15秒を切ることはできませんでしたが、トップ選手との差が縮まってきているのを感じました。
400mでも50秒を切ることはかないませんでしたが、50秒前半のタイムを出せているので来年は必ず切ります。
今年のトラック競技は終わりましたが、次の大分国際車いすマラソン大会に向けて練習に励みます。

・木村勇聖 
100m 予選 2組目 3位 16秒64 
    決勝 7位 17秒43
200m 予選 1組目 3位 30秒64 
    決勝 7位 29秒15
400m 予選 2組目 5位 57秒32
    予選敗退
800m 決勝 8位 1分53秒47

今大会の100mの目標であった、日本パラ陸上競技連盟、20歳の育成記録、15秒46は切る事ができませんでした。
スタートで力を上手く伝えることができず、中盤から手数を増やして速度を上げようとしましたが、MAXスピードは30kmに到達することができませんでした。
今後の練習では、フォームの改善や体幹トレーニングをしっかり行い、日々頑張っていきます。

・脇山陸久 
100m  予選 1組目 4位 16秒62 
     決勝 5位 16秒70
200m  予選 2組目 3位 28秒80 
     決勝 5位 28秒06
400m  予選 1組目 3位 52秒82 
     決勝 6位 52秒25

今大会は、100mで日本パラ陸上競技連盟の20歳の育成記録を突破し、育成指定選手になることが目標でした。
結果は予選・決勝ともに16秒後半と、20歳の育成記録である15秒46とは程遠い結果となってしまいました。
今後の100mの練習では、スタートダッシュから、2、3漕ぎ目までの加速を意識して練習に取り組んでいきます。

【大会詳細はこちら】
https://jaafd.org/