一般社団法人ウィルチェアスリートクラブ ソシオ SOEJIMA

一般社団法人ウィルチェアアスリートクラブ ソシオ SOEJIMAは、
車いす陸上競技に特化した障害者スポーツのクラブチームです。

お知らせ

平成30年2月22日(木)百武、脇山、山北が表彰を受けました。 2018/2/28(水)

平成30年2月22日(木)16時より佐賀県庁で佐賀県スポーツ賞表彰式が行われました。
まず初めに受賞者の紹介が行われ、各部門代表で表彰されました。次に佐賀県知事の挨拶があり平昌オリンピックのスケートで金メダルを獲得された、女子団体の話やスポーツに関する佐賀県の取り組み「SAGAエリートアカデミー」の話、2023年に佐賀県で開催される国体の話をされていました。
次に祝辞が読まれ、受賞者の皆さんに、お祝いの言葉を頂きました。
最後に受賞者代表のお礼の挨拶が行われ、閉会しました。

【佐賀県での受賞者数】
・栄誉賞(個人)受賞者2名  ・特別賞(個人)受賞者2名 
・優秀賞(個人)受賞者66名 ・優秀賞(団体)受賞団体11団体

【山北泰士】
昨年8月にスイスで開催された世界パラ陸上競技ジュニア選手権大会の800mで銅メダル、12月にドバイで開催されたアジアユースパラ競技大会の400mと800mで銅メダルを獲得したことで佐賀県の表彰に選ばれ、優秀賞という賞を戴けたことに、とても嬉しく思いました。
今後はさらに良い結果を残せるように練習に励み、来年も佐賀県スポーツ賞表彰式で賞を戴けるように日々練習に努めます。

【百武強士】
昨年9月に福島県で開催されたジャパンパラ陸上競技大会200mで3位に入賞したことで優秀賞を戴きました。
私自身初めて、佐賀県から表彰を受けましたので、とても嬉しく思います。
これからもっと良い成績を上げ、佐賀県に貢献できるように頑張ります。

【脇山陸久】
昨年12月にドバイで開催されたアジアユースパラ競技大会の100mと400mで銀メダル、200mで金メダルを獲得したことで優秀賞を戴き、とても嬉しかったです。
昨年度は、初めての国際大会を経験し、中国、スイス、ドバイの3大会でメダルを獲得する事が出来ました。
記録も100mと400mでは、世界パラ陸上競技選手権大会で自己新記録を出すことができ、
200mでは、アジアユースパラ競技大会で自己新記録を出すことが出来ました。
このような結果が今回の優秀賞という賞に繋がり、来年も賞に選ばれるように頑張ります。